So-net無料ブログ作成

『ハゲタカ』 [映画]

『ハゲタカ』
ハゲタカ映画バージョン.jpg
昨今のTVドラマの映画化には、
結構白い目で見ていましたが(苦笑)、
この連続ドラマは結構面白く見ていたので、
映画化されると聞きまして、
少し楽しみにしてました(笑)。

普段経済小説などは、全く読まないのですが、
最近の社会情勢をウマくはさみ込んで展開されていた
ドラマのクオリティを果たして、
映画版は維持してるか若干不安でした。

結果的には、上映時間は、2時間以上あったようですが、
長尺も気にならずに画面を凝視してしまいました(苦笑)。

企業価値の計算方法とかおかしいところないかな。
とか重箱の隅突っつく系を
少ししたかったのですが(爆)、
まだまだ未熟者でその辺りの盲点は発見出来ませんでした〜。

公開前の新聞記事を読んでいたら、
昨秋の金融混乱の後、脚本が変わったようでした。
どの辺が変わっているのかな。と見る前に楽しみしていましたが、
派遣の期間工員のくだりと、投資銀行との提携の部分ですよね。きっと。

この作品は、金融関係の人とその他の業界に居る方の両方に
感想を聞いて見たい作品だな。と見終わった時に真っ先に思いました。

なんかファンドの人達って、
外側から見るとすごーくスノッブで嫌なヤツらって感じですよね(笑)。
実際はどうなんでしょう(爆)??

演出的には、若干劇画っぽくて何か恥ずかしー。
っていう感じの部分もありましたが、お金を巡る人間模様としては、
描き方は中々鮮やかだったのではないか。
と思いました。

お金でも技術でも肩書きでも、やはり簡単に得られたものというのは、
消えるのも早いですね。この作品を見るとつくづく思います。

個人的には、昨夏頃からのドタバタを、
若干思い出してしまう場面が多々ありまして、
ちょっとシャレにならないなあ〜。
とも感じてしまいましたが....
とにもかくにも、L社が潰れてまだ1年経っていないというのが、
信じられないほど時が過ぎるのが早いなあ.....

nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

Naka

frenchblueさん
お久しぶりです!

”大森南朋主演”がきっかけながら(苦笑)
企業買収という、私にとって未知の世界が見られて
その面白さに、テレビ版放送の時からハマってしまいました(^^

映画のほうは、オーバーな演出があり
私も少し気恥ずかしかったですが(^^;、
”ハゲタカ”同士の攻防や、それを巡る人間模様がとても
興味深く描かれていたと思います。
現実社会の問題が上手く絡めてありましたね。
個人的に一番身近な存在だった派遣の青年の
ラストショットが印象に残っています。

それにしても、早く
”景気底打ち”?の実感が欲しい昨今です(>_<)
by Naka (2009-06-22 00:22) 

frenchblue

>Nakaさん

こんばんは。お久しぶりです!
やはり、ご覧になったんですね〜(笑)。
大森南朋は、ああいうバリバリエリートの役柄という
イメージが今までなかったので、
このシリーズでは新鮮に感じました(笑)

そうですね。企業買収などの話もあまり題材に取り上げられることも
無いので新鮮なのかもしれませんが、
やはり、人物描写の面がきちんと出来ていないと、
失格ですものね。

景気底打ちは、しばらくなさそうですね。
世の中の社会構造の転換に自分の発想を切り替えるのが、
ちょっと大変かもしれないですね。


by frenchblue (2009-06-23 22:38) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。